自分たちが納得できる物しかお出ししない。そんな家業的な考え方が美々卯の誇りです。

   大阪・堺で200年続いた老舗料亭「耳卯楼」を大正14年に先々代平太郎が麺類専門店として「美々卯」と改め、1958年3月に株式会社美々卯として設立されました。
   美々卯は麺類料理・和食を中心として関西15店舗、関東8店舗、中部1店舗出店しています。
   創業以来、伝統の味を守り続けるために、美々卯は素材にこだわり続けてきました。単に素材を仕入れるだけでなく、産地の契約農家に赴き、直接眼で見て、手に取り素材を厳選。農家の方々と一緒になって高品質な素材作りに取り組んでいます。
   時代が変わっても、「自分たちが納得出来る物しかお出ししない」、美味しさを追求する志は変わらない。
   受け継がれてきた美々卯のこだわりの原点であり、社員の誇りでもあります。美々卯はこれからも、たゆまぬ努力を続けていきたいと思います。

美々卯の歴史 年表

 
1925年(大正14) 「美々卯」のれん立ちあげ
商品名「エンタツ」うどんを発売
1928年(昭和3) うどんすき考案
1945年(昭和20) 第二次世界大戦 大阪空襲で本店・北店焼失
1946年(昭和21) 戦後、大阪市東区横堀の北店跡に「美々卯」再建開店
1949年(昭和24) 「うどんすき」再開
1957年(昭和32) 「うずらそば」登録商標許可
1958年(昭和33) 大阪「阪神店」オープン
1960年(昭和35) 「うどんすき」登録商標許可
大阪「道修町店」オープン
1963年(昭和38) 大阪「本町店」オープン
1965年(昭和40) 大阪「新大阪駅店」、「堺店」オープン
1973年(昭和48) 初の東京店(京橋)オープン
1975年(昭和50) 大阪「新大阪駅店別館」オープン
1978年(昭和53) 東京「新橋店」オープン
1985年(昭和60) 神奈川「横浜そごう店」オープン
1988年(昭和63) 大阪「阿倍野近鉄店」オープン
1990年(平成2) 初の名古屋店開店
1994年(平成6) 「宅配うどんすき」販売開始
1997年(平成9) 京都「京都伊勢丹店」オープン
1998年(平成10) 本店を立て替えし、同所で再開店
2000年(平成12) 東京「渋谷マークシティ店 」オープン
2002年(平成14) 「宅配はもすきうどん」販売開始
大阪「心斎橋店」オープン
2003年(平成15) 堺店「堺市環境賞受賞」
2005年(平成17) 大阪市中央区平野町に「横堀センター完成」製粉工場など移転
京都「京都祇園店」オープン
2007年(平成19) 東京「渋谷西武店」オープン
2008年(平成20) 大阪「箕面店」オープン
2010年(平成22) 大阪「なんば店」オープン
東京「新宿店」オープン
2011年(平成23) 大阪「三越伊勢丹店」オープン
2013年(平成25) 大阪「あべのハルカスダイニング店」オープン
千葉「千葉そごう店」オープン
   
  • ページ上部へ